• 大学卒義後、某メーカー 機械エンジニアを2年で転職し、某ラジオ局にパーソナリティーとして入社。齢25にして血液年齢22歳、骨年齢21歳。自由で健康に生きるマインドなど書いていきます。

携帯・スマホの電話代大幅節約!掛け放題対象外の、0570(ナビダイヤル)の番号にかけない方法!実は、回避する方法があるのです!

目次
1.ナビダイヤル、料金高すぎぃ!
 1−1.20秒10円の脅威
 1−2.待たされた挙げ句、高額請求
 1−3.かけ放題のプラン対象外!
2.ナビダイヤルの番号を避ける方法
3.おまけ:SMSもお金がかかる!
4.まとめ

1.ナビダイヤル、料金高すぎぃ!

どうも!毎日毎日金が足りねぇよ!麻雀さんですよ!

皆様、企業などに電話するとき「ナビダイヤル」の電話番号にかけたことは御座いますか?

0570ーから始まる番号で、

「ナビダイヤルで、お繋ぎします。20、秒ごとに、およそ、10、円で、ご利用いただけます」 (スマホからかけた場合)

と最初に音声告知させられるあの番号です。

大きな企業の問い合わせ窓口・コールセンターなどによく使われている番号です。

この番号、油断してかけるとその月の携帯(電話)料金が大きく上がってしまう、危険信号な番号なのです!

例え「かけ放題プラン」など、固定月額の代わりに電話料金が無料になるプランに入っていてもシッカリ請求される鬼仕様なのです!☠

鼻くそ。

1−1.20秒10円の脅威

まず、20秒10円ってどのくらい高いの?というところから。

言葉だけ聞くとそこまで高く感じませんが、計算してみると結構な額であると認識できます。

20秒10円なので、1分30円。
5分150円、10分300円。

普通の家族や友人とのちょっとした会話ならいつでも切り上げることが可能ですが、
ナビダイヤルを採用しているのは企業の問い合わせ窓口。

本人確認のために住所や生年月日を聞いてきたり、向こう側が調べるために時間がかかったりと時間がかかる電話になりがちです。

必然的に料金もかかってきます。

仮に月の携帯料金が7,000円とすると、20分弱話すと600〜700円と、1.1倍の料金になります。

小分けすると大した金額に見えませんが、使ってみると意外と料金が上がるのが、ナビダイヤルなのです…👿

1−2.待たされた挙げ句、高額請求

そしてナビダイヤルが悪質なところがもう一つ。

人と話すまでに数分かかることがほとんどなことです。

どういうことかと言うと、
回線が混み合っています。オペレーターと繋がるまでお待ちください。ピーピロロロピーロロ−…(待ちBGM)」

と、多くの人が電話をかけているので繋がるまで待ってください。とアナウンスされ待たされる場合がほとんど。

そしてその間もしっかりと20秒10円取られるということです…!💢
(書いてて私もムカッときました^^;#)

オペレーターと「もしもし」と話し始めるだけでも5分ほど待つことがザラなので、
かなりの確率で、デフォで150円〜200円かかるのです。

こちらが”何も話していない”のにです。

これは本当にふざけているし意味がわかりません…(笑)

ただ話すのを待つだけでガンガン請求額が上がるのが、ナビダイヤルの金額が上がりやすい所以の一つです。

1−3.かけ放題のプラン対象外!

これは、私も数年間勘違いしていた落とし穴です。

かけ放題プランに入られている方は要注意。

”かけ放題”などと謳っておきながら、ナビダイヤルにかけると別途しっかり金が取られます。

私はこのことを知らず、ナビダイヤルもかけ放題と勘違いしていました。

なので一時期は

「20秒ごとに10円?かけ放題プラン入っとるし関係あらへんわ!」

と考え、時間を一切気にせず電話していました。

そして多く請求されるという…😭

なので企業などによく問い合わせるからかけ放題プランに入りたい」と考えている人は要注意。

電話履歴を見てみて、0570ーで始まる番号に多くかけている人はかけ放題の意味がなくなります!!!

にしても、ナビダイヤルのアナウンス時「かけ放題対象外」とか言ってほしいですね。電話料金とることしか考えてry

2.ナビダイヤルの番号を避ける方法

さて、ご覧のように語れば語るほど理不尽で騙されやすく、存在価値がないナビダイヤル0570。

思いついた人は前世、サイコパスだったのでしょうか。

私はこのナビダイヤルの正体を知ってから、対策を意識し始めました。

すると、うまく回避できるようになり無駄な電話料金を払わずに済むように!

おかげで電話代が500〜1,000円強減らすことに成功しました!

では、ナビダイヤルへの電話を回避する方法を紹介します!

①別番号の電話窓口を探す

最も効果的かつ現実的な方法です。

多くの場合、企業の相談窓口等にはナビダイヤルの他に別の電話番号があります。
(下図参照)

この場合、入会後の方でも、0120ー…から始まる番号にかければよいのです。

そして何とかしてオペレーターの方とつなぎ、担当者に代わればよいのです(この画像の場合、入会後の担当者に)

しかもこの画像の場合、ナビダイヤルでない方は0120ー…の、フリーダイヤル。

かけた側には料金が発生しないので、0120ー…にかけない理由がありません!

「え、でも対応してない番号にかけていいんですか!」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、多くの場合企業のオペレーターは対応するオペレーターにつなげる・あるいは対応できるので、
0120ーにかけてから話を進めて対応オペレーターに繋げばよいのです。

またこれは精神論的ですが、問い合わせ窓口なのに

  • 発信者に金がかかる
  • しかも企業の回線混みのせいで待たされるのにかけた側が金を負担する

といったナビダイヤルを選ぶ企業が悪いです。

そんな企業の都合に合わせたりそれで通話料に悩むのはお金・精神の無駄です。

なので遠慮なくフリーダイヤルやその他の番号を見つけてそこにかけましょう。

②ナビダイヤルにかけてから、向こうに折り返させる

単純で、ナビダイヤルにかける→つながった後、オペレーターに電話番号を告げて折り返してもらいましょう。

要は向こう側に発信させることでこちらの料金が発生しない、というわけです。

これは、あまりオススメのやり方ではありません。

ナビダイヤルにかけてからオペレーターに繋がるのにかかる待ち時間が発生し、料金が生じるからです。

①の方法で中々代替の電話番号が見つからず時間が無駄になる場合、こちらの方法で試してみましょう。

企業によっては5〜10分待たされることもザラなので、そこは最新の注意を。

3.おまけ:SMSもお金がかかる!

これは、電話・通信量に関係するおまけです。

電話番号を以ってメールのようなやり取りが行える、ショートメッセージサービス(SMS)もお金がかかります。

受信は無料発信には料金が発生します。

こんな感じのやつです(docomo携帯の画面)

仕事などで使う場面が多いですが、送りすぎは注意。

こちらは文字数で料金が変わるので、送る際は最小限の文字数で!!

4.まとめ

今回は、本当に価値のない機能・ナビダイヤルについてお話しました。

電話をかけるときは0570−から始まる電話には要注意!
すぐさま別の番号を探すか、かけた後向こう側に折り返させましょう。

兎にも角にも、私はこの理不尽極まりないナビダイヤルというシステムが廃止されることを切に願います。

皆様もお気をつけを!

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。