• 大学卒義後、某メーカー 機械エンジニアを2年で転職し、某ラジオ局にパーソナリティーとして入社。齢25にして血液年齢22歳、骨年齢21歳。自由で健康に生きるマインドなど書いていきます。

【安眠・質の良い眠り】ぐっすり眠れる3分ヨガ!お風呂上がり・寝る前に行うと効果的なヨガ体操の紹介

Pocket

目次
1.質の良い睡眠を実現するヨガの紹介
 (注意点)
  1-1.仰向けになってつま先を付ける体操
  1-2.仰向けになって足を抱える体操
  1-3.四つん這いで腕と足を伸ばす体操
2.おまけ:寝起き・朝食後スッキリする体操
まとめ

1.質の良い睡眠を実現するヨガの紹介

おはようございますこんにちはこんばんわ。麻雀さんです。

皆様、ぐっすり眠れていますでしょうか?

質の良い睡眠は、体調にとどまらず、長いスパンで見た時の人生全体の調子などに響いてきます。

質の良い睡眠には、

  • 寝る2,3時間前の入浴
  • 運動習慣
  • 寝る前にスマホ等見ない(ブルーライトカット)

…など様々ありますが、方法の1つにヨガがあります。

寝る前に体の血行・緊張をほぐし、リラックスさせてから眠りに入る、というわけです。

今回の記事では、そんな血行促進・強張った体のリラックスをほぐすヨガを中心に厳選して、紹介します。

私も実際に行い始めて、2週間ほどで

  • 目覚めがよくなる
  • 睡眠時間が7時間→6時間と短くなった

といった効果を実感しました!!

★注意点★

以下、紹介する体操は決して無理をしないで行ってください。

ぎっくり腰・慢性的な身体の痛みなどに繋がります。

不自然な痛みなど感じたら、やりやすい体勢で行うなどしてください!!

1-1.仰向けになってつま先を付ける体操

●効果:足の血行改善&溜まった老廃物を流す。足のむくみの改善にも効果有り。

●やり方:

まず、仰向けになります。そして以下は、深呼吸をしながら行ってください。

手を腰に当て二の腕を地面に付け支えつつ、足〜腰を持ち上げます。

そして背中の下側も上げていって、足先を頭の先の方に付けていきます。※ここで、痛みを感じたら無理をしないでください。※

下図のような体勢で、20秒静止。

その後、ゆっくり仰向け状態に戻っていきます。

足を伸ばして図の体勢になるのがベターですが、痛み等感じる場合は足を曲げても構いません。

1-2.仰向けになって足を抱える体操

●効果:身体の緊張を緩和。身体・気持ちをリラックスさせることができる。

●やり方:

仰向けになります。そして深呼吸。

背中は地面にしっかり付けつつ、足を曲げながら膝を胸の辺りに持っていきます。

そして膝を抱えます。

その状態を20秒キープ。キープ中、身体を軽く横に揺らすと良いです。

1-3.四つん這いで腕と足を伸ばす体操

●効果:身体全体の血行促進(血を巡らせる)。身体の芯を温める。

●やり方:

四つん這いになります。

そして右手・左足を伸ばします。(逆方向の手と足を伸ばします。)できる限り、ピンと伸ばしましょう。

伸ばす際、息を深く吸います。

伸ばしきった後、息を吐きながら伸ばした手足を縮めていってお腹の辺りで膝と肘をくっつけます。

その後、再び息を吸いながら同じ手足を伸ばす

→息を吐きながらお腹で膝と肘をくっつける。

これを10往復繰り返します。

その後再び四つん這いになり、先程と逆の腕・足で同じことを10回繰り返します。

2.おまけ:寝起き・朝食後スッキリする体操

朝の寝起き後、行うと身体がスッキリする運動を五月雨式に紹介します。

  • 背伸び
  • 指先を地面に付ける→大きく身体を反る
  • 足を広げて股関節を伸ばす
  • 足伸ばして座って、腰を直角に曲げてキープ
  • 足の裏を合わせて座って膝を地面につけようとする

朝、身体の調子が上がらない…と感じる方はお試しあれ。

まとめ

今回は、寝る前に、効果的に血行を良くする・身体をリラックスさせるヨガ体操を紹介しました。

ヨガなどの体操は、侮ることなかれ。

数十秒行っただけでも、数週間後にはその効果を実感することが出来ます!

浅い睡眠や身体の不調が気になる方は、是非是非お試しください^^

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。