• 大学卒義後、某メーカー 機械エンジニアを2年で転職し、某ラジオ局にパーソナリティーとして入社。齢25にして血液年齢22歳、骨年齢21歳。自由で健康に生きるマインドなど書いていきます。

ラルフローレンの手袋が解れた…お店で修理した話。○○円で修理可能!

おはようございますこんにちはこんばんわ。麻雀さんです。

今回はあの有名ブランド「RALPH LUAREN(ラルフローレン)」の手袋を修理した話をします。

かなりお安く修理できて満足でした。

プレゼントでもらった手袋

指先の悲劇

私事ですが、退職時に大学時代の後輩からラルフローレンの手袋を頂きました。

サプライズだったのでとても嬉しく、外出時使っていました。

(↓ちなみに、頂いた手袋)

しかし、もらって3日後程経った時、重い荷物が指先で変な引っ掛かりをしたのです。

そしてその時はめていた手袋を見てみると、指先に悲劇が…

手袋の指先の縫い目が、切れていたのです!(急いで修理したので写真が無いです…😂ご愛嬌)

このまま使い続けると、縫い目のほつれが広がって大きな穴に拡大すること必至です。

なので、急いで修理することを考えました!

ラルフローレンのお店で修理

まずは、修理可能かラルフローレンへ電話。

私は大宮住みなので、大宮駅前SOGOの中のラルフローレンへ電話。(一般的な駅ビルの中にあるイメージです)

話すと。修理可能ということが判明!

早速修理依頼。

いくらかかるのだろうか…

ここで、気になるのが修理費。

解れ始めた初期段階とはいえ、ラルフローレンの手袋。

「修理でいくらかかるんや…」

と少し不安を感じたりもしました。

いざラルフローレンのお店へ行き、解れた手袋の現物を渡しお店の人に相談。

見積もって頂きました。

指先の解れは、600円(税込み660円)で修理して頂けるそうです!

思っていたより安いので一安心。5〜7日ほどで修理も完了。

引き渡し状(I?)と交換

早速1週間後、修理依頼時渡された引き渡し用の紙を持って来店。

見事修理されていました!

おまけ:修理と受け取りのお店

ここで、ついでに1つお店の人に聞いてみました。

「修理する店舗と、修理後ものを受け取る店舗は別店舗でも問題ないのか?」

(例:修理依頼は新宿店、受け取りは大宮店)

この質問の答えは、「修理内容と2店舗間の距離による」そうです。

修理依頼店舗と受け取り店舗が明確になっていれば、頼んでみるのはありですが、少し面倒くさそうでした。

まとめ

今回は、ラルフローレンで指先が解れた手袋を修理した話をしました。

660円と安めに修理できて、満足です。

ラルフローレンのみならず、他のブランド店でも頼んで見る価値は大いにあるでしょう。

(ちなみに、学生時代私はユニクロなどの安い手袋を自分で縫って直していました(笑))

物を大切にしましょう!

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。