• 大学卒義後、某メーカー 機械エンジニアを2年で転職し、某ラジオ局にパーソナリティーとして入社。齢25にして血液年齢22歳、骨年齢21歳。自由で健康に生きるマインドなど書いていきます。

【ダイエット効果・薄ヒゲ効果あり!】栄養満点の大豆の効果。毎日摂取で〇〇が変わる!?

おはようございますこんにちはこんばんわ。麻雀さんです。

今回は、大豆の効果・安くて簡単な摂取の仕方を紹介します。

大豆には、様々な栄養素が含まれているのです。

タンパク質・イソフラボンから食物繊維・カリウム・炭水化物・カルシウム・葉酸・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・ビタミンB1、ビタミンE…

これだけの栄養素が含まれているので、毎日摂れば効果も様々あります。

大豆の効果

大豆には、以下のような効果があります。

  • 脂質・コレステロールをほとんど摂らずにタンパク質摂取
  • イソフラボン摂取
  • 様々な栄養素の摂取

これらにより、具体的には以下な効果が期待できます。

  • お肌綺麗効果
  • 骨粗鬆症の予防
  • タンパク質摂取
  • ガン予防
  • 老化防止
  • 整体調整機能・疲労回復調査
  • 薄ひげ効果

①タンパク質摂取

大豆は、「畑の肉」と呼ばれるほど高タンパクです。

それでいて、肉類と違い脂質・コレステロールをほとんど含まないのです!

なのでお肉と比べて、太らず・動脈硬化や生活習慣病のリスクを回避しつつタンパク質を摂取できるのです!

(タンパク質は内蔵や身体・筋肉を作るのに不可欠な栄養素です。)

②イソフラボン摂取

ざっくり言うと、イソフラボンは女性ホルモンに煮た働きをします。

女性ホルモンには、以下のような効果があります。

  • 肌の代謝を上げお肌綺麗効果
  • 紙の艶・ハリを保つ
  • 自律神経を安定させる
  • ヒゲを薄くする効果がある
  • 骨粗鬆症予防
  • 更年期障害・ガン予防

大豆摂取のデメリット

これだけのメリットがある大豆ですが、デメリットも存在します。

  • 摂り過ぎによる、ホルモンバランスの乱れ
  • アレルギー症状

摂りすぎによるホルモンバランスの乱れ

毎日、過剰に摂取しすぎると先述のイソフラボン(女性ホルモンに似た物質)を多く摂ることになります。

すると、体内のホルモンバランスが乱れ

  • 肌荒れ
  • 自律神経の乱れ
  • 体つきが、丸みを帯びる(=男性の場合、女性のような体型に近づく)

など起きます。

アレルギー

アレルギーをお持ちの方は要注意です。

大豆製品は、アレルギー物質の指定に引っかかる製品があります。

なので大豆アレルギーをお持ちの方は勿論・お持ちでない方も大豆製品を食べてアレルギーのような症状が出た方は、かかりつけ医などに要相談・摂取を控えてください!

摂取量

大豆イソフラボンの1日の摂取量目安は、40〜50mgが良いと言われています。

納豆1パックの65.0mg、大豆飲料(豆乳など)が125mlで69.0mgなので、

納豆や豆乳を1日1つ摂取するとちょうど必要量摂れるイメージです。

お安い大豆の摂り方

以下のようなとり方が主にあります。

  • 納豆
  • 豆乳
  • サプリ
  • 大豆をそのまま食べる

個人的に、最もおすすめの摂り方は

「大豆をそのまま食べる」

です。

まとまった量をかなり安価で買える乾燥大豆を買い、数日分煮て毎日食べます。

約1ヶ月分が250円程度で買えて、水戻ししなければ日持ちもするのでとてもおすすめ!

このように、乾燥した大豆が大量に売られています。水戻しのやり方は袋に記載されてるものが殆どです。

水戻しの際は、多く水戻ししすぎないよう注意。

冷蔵庫保存しても1週間ほどで若干粘り気が出てきます。(品質に問題はないですが、気分的に風味は落ちます)

実際に摂ってる私の感想

私は、2年ほど毎日大豆を食べています。

そこで実感した効果は、

  • ヒゲが薄くなりひげ剃りが少し早くなる」
  • 髪のハリ・艶が出てきた
  • お腹の脂肪が減った

です。

まとめ

今回は、大豆の効果を簡潔に解説・安価な摂取方法を簡単に紹介しました。

今の症状等の改善・将来の更年期障害への備えにもなる大豆。

今からでも、毎日摂取して綺麗に・健康に暮らしましょう!

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。