• 大学卒義後、某メーカー 機械エンジニアを2年で転職し、某ラジオ局にパーソナリティーとして入社。齢25にして血液年齢22歳、骨年齢21歳。自由で健康に生きるマインドなど書いていきます。

【チケットを買うサイトなど解説】相撲観戦のやり方・場内の様子を紹介!臨場感満点です!

おはようございますこんにちはこんばんわ。麻雀さんです。

私は、相撲観戦が好きです。

両国(東京)で開催された際は、よく見に行きます。

しかし初めて観戦したときは、チケットの取り方・開催時刻などわからないことが多かったです…

そこで今回は、相撲観戦を実際に行うまでの手順・場内の様子などを解説します!

チケットの取り方

場所と時期

開催場所・時期は、2020年現在、毎年以下のようになっています。

  • 1月:東京
  • 3月:大阪
  • 5月:東京
  • 7月:名古屋
  • 9月:東京
  • 11月:福岡

販売時期

↓販売時期等確認できるサイト

http://www.sumo.or.jp/Admission/ticket/Jan/purchase/598/

チケットが販売される・抽選される期間は、大まかに以下のようになります。

※抽選に当たった場合、キャンセルできず金額を払わなければいけません。ただし第3希望まで選んだ場合、その3つすべてが当たるということはありませんのでご安心を※

  • 最速先行抽選:開催2ヶ月前
  • タマリ席抽選:開催1ヶ月1週間ほど前
  • 一般販売:開催1ヶ月前
  • 当日販売:当日朝7:45〜(現地で並ぶ)
1/12~開催の初場所の一例。

取り方

最速先行抽選

チケットを取るには、以下サイトに登録・登録後、見たい日付と席を第3希望まで選択します。

↓チケット大相撲

http://md.pia.jp/sumo/index.jsp

そして約3週間後、抽選結果が送られてきます。

チケット代金の支払いは、クレジットカード・コンビニ支払いなどあります。

クレジットカードが手数料などの面で、最もお得です。

タマリ席抽選

電話での受付のみです。

土俵周りの、土俵に最も近い席です。

しかし飲食・写真撮影等は出来ません。

競争率も高めです。

一般販売

行い方は、先行抽選とほぼ同じです。

ただし土日開催の枡席など、一部席が売り切れていることがほとんど。(先行抽選で売り切れた)

一般席でも、土日だと埋まっていて買えません。

休日行きたい方は、このタイミングでのチケット獲得は難しいです。

当日販売

私は、行ったことがないので概要のみ説明。

当日の朝7:45〜、開催会場の前で先行販売されます。

(自由席、2,200円)

当日は朝5時、6時から、あるいはもっと早く並ぶ人もいるようです。

自由席と言っても力士が豆粒のようにしか見えない!なんてことはなく、会場の盛り上がり・雰囲気もしっかり感じることが出来ます。

正式な手順(上記)で買えなかった場合

大相撲のチケットは競争率が激しく、上記方法で買えない場合があります(人気日程だと尚更)

その場合、「チケット流通センター」などの外部サイトで一般人と取引する必要があります。

↓チケット流通センター

https://www.ticket.co.jp/

当然、正規価格より割増です。

日が近づくほど値段が高くなっていくので、抽選に落ちたらすぐに購入することおおすすめします。

ここで、「バラ売り」に注意。

一見安くても「バラ売り不可」と書かれていたら、その値段×指定枚数買うことになります。

買いたい枚数を十分吟味し、買いましょう。

また「チケット流通センター」では、一度申し込むと30分以内に精算しないとそのチケットは二度と買えなくなります。

カード番号やパスワードを忘れていると30分以内の支払いが難しくなります。

「チケット流通センター」で買う場合、準備してから購入手続きへ進みましょう。

会場の様子(東京・両国国技館)

写真は、2020年初場所・1/12のものです。

両国国技館へは、「両国」駅西口から行きます。(駅のすぐ目の前です。)

両国駅西口の真横に国技館。秋葉原から二駅で、徒歩15分程でも行けます。

時間

時間自体は、朝8:00〜夕方18:00までです。

朝8:00〜入場できます。が、何時に言行っても良いです。

途中退場など可能ですが、再入場チケットが必要です。

午前中から序ノ口→幕下→十両→幕内、と取り組みが進んでいきます。(時間が遅いほど強い力士、という認識です。)

ニュースなどでよくやる幕内の取り組みは、16:00〜18:00です。

場内にはお土産屋・食堂などあります。

取り組み

取り組みでは、会場中ものすごいボルテージです。

国技館2Fの一般席で見ても、迫力や興奮が十分伝わってきます。

特に良い取り組みが行われると、会場中で「おぉ!!」と歓声が響き渡ります。

テレビで見るよりも、生の取り組みを楽しめます!

勝負が決まるときは、歓声の嵐です!
6時近くに行われる、最後の催し・弓取り式。力士が弓をぶんぶん振り回す様は迫力満点!

おすすめ:特性ちゃんこ300円

また、国技館内1Fで味わえる特性ちゃんこもおすすめ。

観戦席へ持ち込めませんが、300円でちゃんこを味わえます。

場所は正面1入り口の近くにある、地下の部屋です。

特性ちゃんこ。300円
このような階段の下に、ちゃんこを食べる場所があります。

注意点

気をつけてほしいのが、座席。

チケットに指定がありますが、指定座席の場所がかなりわかりづらいです。

サイト等見てもわかりづらいので、早めに行くことを強くおすすめします。

下記URLが、座席の概要がわかりやすいです。

https://eplus.jp/sf/venue/1300020

ネット

また会場内(観戦席)では、ネットがほぼ繋がりません。

国技館の中自体は繋がります。

ネットを使いたい場合は、観戦席を一度出て使いましょう。(その際、チケットを忘れると再入場が面倒です。要注意!)

帰宅

両国駅が、ものすごく混みます。

混雑を避けたい場合、

  1. 最後の取り組みが終わった瞬間・あるいは少し前に帰る
  2. 時間をおいて、18:30以降に帰る

のが良いでしょう。

余裕があれば、秋葉原駅まで徒歩15分・上野駅まで徒歩40分なので、歩きも一興。

上野まで歩く途中の、浅草橋など橋からの風景。時間はかかりますが、徒歩帰りだとこんな光景も見れます。

まとめ

今回は大相撲のチケットゲット・観戦方法などをかんたんに紹介しました。

会場で見るのは、やはりテレビなどとは違います。

興奮すること間違いなしなので、相撲好きは是非行ってみてください!

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。