• 大学卒義後、某メーカー 機械エンジニアを2年で転職し、某ラジオ局にパーソナリティーとして入社。齢25にして血液年齢22歳、骨年齢21歳。自由で健康に生きるマインドなど書いていきます。

【フライヤーいらずの揚げ物も紹介】時短メニュー⑤!安くて美味しい・栄養満点のメニューたちです。(チーズリゾット・ソース焼きそば・カキフライ)

過去の時短メニューシリーズ

時短メニュー①(レバニラ卵炒め・鶏肉ハンバーグ・豚照り玉)
http://mahjong-san1010.com/2019/10/22/speedy-delicious-recipe-20191022/
時短メニュー②(豚丼・お好み焼き・酢豚)
http://mahjong-san1010.com/2019/10/31/speedy-delicious-recipe-2-20191031/
時短メニュー③(味噌ニラ炒め・バターホルモン焼き・生姜焼き)
http://mahjong-san1010.com/2019/11/19/speedy-delicious-recipe-3-20191119/
時短メニュー④(味噌鍋・回鍋肉・牛肉の炒めもの)
http://mahjong-san1010.com/2019/11/25/speedy-delicious-recipe-4-20191125/

時短メニュー紹介

おはようございますこんにちはこんばんわ。麻雀さんです。

今回で記念すべき5回目を迎えた、時短メニュー紹介です。

最後に紹介するカキフライは、フライヤーいらずでフライパンで作れます。

油も大量に使わないので、ヘルシー&後片付けらくらくで健康・時短です!

早速今回も、3メニュー紹介していきます!

チーズリゾット

材料(1人前)

  • 豚肉 150g
  • お米 茶碗1杯
  • トマト 1個
  • めんつゆ 大さじ1杯程度
  • 鶏肉 75g程度
  • スライスチーズ 2〜3枚(とろけるチーズ等でも可)
  • サラダ油 適量

作り方

  1. 鶏肉が肉塊の状態の場合は、一口サイズに細かく切ります。そして鶏肉を、油を敷いたフライパンで炒めます。
  2. 丼用の器に、めんつゆを入れます。
  3. 器に更に、お米を入れます。
  4. お米とめんつゆを、綺麗に混ざるまで混ぜます。
  5. トマトを薄くスライスします。
  6. そろそろ鶏肉に火が通るので、焼けたらお米入りの器に入れます。
  7. めんつゆと混ざったお米と、炒めた鶏肉を混ぜます。
  8. 器にスライスしたトマトを乗せます。
  9. その上に、チーズを均等に入れます。
  10. 器をレンジに入れて、700Wで2分ほど加熱。チーズを溶かします。
  11. チーズがうまい具合にとろけたら出来上がりです。

★バリエーション:めんつゆの代わりに、トマト缶を使えばよりイタリアンなチーズリゾットが楽しめます。★

ソース焼きそば

材料(3人前)

  • 市販の焼きそば麺(3袋入り)
  • 人参 1本
  • 豚肉 300g
  • キャベツ 1/4個
  • サラダ油 適量
  • 水 少量
  • (必要に応じて)卵、マヨネーズなと

作り方

★3玉入りの焼きそば麺が多いので材料は3人前紹介ですが、実際作るときは一気に3人前作ることはおすすめしません。フライパンが溢れてしまうからです。

  1. サラダ油を敷いたフライパンで、豚肉を炒めます。
  2. その間に素早く、人参を洗い一口サイズに切ります。細かく切るほど、人参の加熱時間は短くなります。
  3. 豚肉と一緒に人参を炒めます。
  4. キャベツを洗い切ります。面倒くさい場合は、適当にちぎってフライパンに入れていってもいいでしょう。
  5. キャベツを入れた直後に、麺を入れます。
  6. フライパンに少量の水を入れ、麺をほぐしながら具材と一緒に炒めます。※水を入れすぎると水っぽくので気をつけてください※
  7. 麺がほぐれてきたら、付属のソースなどを入れて混ぜながら炒めます。
  8. ソースと焼きそばが混ざってきたら、火を止めて出来上がり。

★バリエーション:マヨネーズをかけたり、目玉焼きを乗せても美味しいですよ!★

↑目玉焼きのせ焼きそば

カキフライ

材料(1人前)

  • 牡蠣 6個
  • パン粉 大さじ3杯ほど
  • 小麦粉 大さじ2杯ほど
  • 水 適量(小麦粉と混ぜてとろみが出るくらいに調整)
  • サラダ油 適量

作り方

  1. 小麦粉をボウルなどに入れ、そこへ水を少しずつ足しながら混ぜます。小麦粉にとろみが出るまで水を入れてください。(入れすぎると、サラサラになりすぎパン粉が付きにくくなります。)
  2. 混ざった小麦粉に牡蠣を入れ、混ぜます。
  3. パン粉を別のボウルや皿に入れます。
  4. 混ざった小麦粉を牡蠣にまとわせ、その状態でパン粉をまとわせます。
  5. フライパンに油を敷き、熱します。
  6. 油が温まってきたらパン粉まみれの牡蠣をフライパンへ投入します。
  7. 3分ほど中〜強火で炒めたら、牡蠣をひっくり返します。
  8. フライパンに蓋をして2,3分炒めます。
  9. 外がカリカリになってきたら出来上がり。(牡蠣は生調理で食べるとウイルス感染の恐れがあるので、気持ち長めに炒めましょう。)

★牡蠣を炒めると水分が抜けていくので、完成すると当初より縮みます。ご了承くださいまし。★

まとめ

今回は、チーズリゾット・焼きそば・カキフライを紹介しました。

今の冬の時期は牡蠣が旬なので、カキフライはおすすめです。

亜鉛などの栄養も満点です♪

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。